セル・ダイアグノスティックス合同会社は"業務用超音波加湿器" (オールステンレス:次亜塩素酸水対応)、服薬アドヒアランス・ソリューション、食品乾燥機、真空凍結乾燥機(フリーズドライ装置)を製造・販売いたします。

店長日記

【新型コロナウイルス治療法 案 ver2】

今回は、新型コロナウイルス感染症対策の第2版をお送りします。
当サイトの記事について、英語や中国語で公開してまいりましたが、お陰様で各国から多くの反響があり、日本でもその利用は一部で始まっているようです。

クロロキンは本サイトでの記事の前に中国では既に治験が開始されていたようです。また、本記事で提唱したステロイド投与については、弊社では慎重でしたが、吸入式のステロイド薬に効果があるとして発表されていました。また、肺炎が悪化して重篤になると、血中飽和酸素濃度の低下を受け、吸入する酸素濃度を上げるのが実情です。酸素濃度を上げるだけで肺が炎症を起こしますので、肺炎患者に高酸素濃度を吸入させることはそれ自体がリスクになります。そこで今回、ステロイド剤を用いた治療法案の優先順位をあげさせていただきます。アビガンやクロロキンの入手困難性に鑑み、一般医療施設ですぐに応用できる治療法の優先的な提言に切り替えます。

現時点ででの治療法提言湯煎順位

【基本治療方法 (案)】
1)[ステロイド療法 ] ステロイド投与(吸入式が困難であれば注射剤か服用剤)
2)[ACE/ARB 療法] ACE阻害剤又はアンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)の投与
3)[Chloroquine法(ファゴサイトーシス抑制療法] クロロキン投与(リポソーム酵素活性阻害 小胞内pHをあげる)
4)[T cell trap法]血中T細胞の選択的除去(抗T細胞抗体担持吸着フィルターなど)
5)[ANP療法] 心房性ナトリウム利尿ペプチド(遺伝子組換えANP:カルペリチド)降圧効果有り
6)[キレート療法] テトラサイクリン、ニューキノロン系抗菌剤(金属キレート効果がある抗菌剤:カルシウム依存性パーフォリン活性抑制も視野に)

7)[免疫抑制療法] シクロスポリン、タクロリムスによる活性化T細胞の抑制:これらの薬剤は臓器移植後にも投与されるが、免疫応答性リンパ球(特にT細胞)に作用し、IL2の産生を阻害し、リンフォカイン産生やインターロイキン放出を抑制する。(これは免疫抑制の観点から、治療にはリスクがあるので今回はペンディング)

この中から現実的な治療法としては、
【療法1】(1)+(6) [SC 療法]
【療法2】(2)+(6) [AC 療法]
【療法3】(1)+(2)+(6) [SAAC療法]
【療法4】(1)+(2)+(5)+(6) [SAC療法]
【療法5】 軽症にアビガン (既知)

3月9日時点で上記の通り優先順位を変更いたします。
標準的治療法のみに頼らない、斬新的なアプローチに期待します。

なお、肺炎重篤患者は血中飽和酸素濃度が低くなるため、吸入の酸素濃度を上げることが一般的に行われますが、酸素濃度を上げること自体が炎症を増悪させれることは十分に配慮していただきたいと思います。酸素90%〜100%の環境下でマウスを飼育すると1日余りで肺に炎症を起こして死亡します。濃度が高ければ高いほど炎症が強くなります。そういう意味で、酸素濃度を上げる場合に酸素に対抗する抗酸化物の投与のぞまでます。それは単純にビタミンCやE、またはグルタチオンなどが挙げられます。
重症者には高濃度酸素吸入が行われますが、炎症を抑えるための方策は、是非、併用して欲しいと思います。

皆様のお役に立つことができれば幸いです。論文の総説ではございませんが、ご検討していただきまして、なんとかこの国難を少しでも早く乗り越えらることができればと思います。

N.Yamakawa, Ph.D.


以下は過去記事の引用
【治療方法(案)】
1)抗コロナウイルス抗体保持者血清(IgG画分)+ステロイド投与(今は困難)
2)ACE阻害剤又はアンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)の投与
3)クロロキン投与(リポソーム酵素活性阻害 小胞内pHをあげる)
4)血中T細胞の選択的除去(抗T細胞抗体担持吸着フィルターなど)
5)心房性ナトリウム利尿ペプチド(遺伝子組換えANP:カルペリチド)降圧効果有り
6)テトラサイクリン、ニューキノロン系抗菌剤 (金属キレート効果がある抗菌剤:カルシウム依存性パーフォリン活性抑制も視野に)
7)シクロスポリン、タクロリムスによる活性化T細胞の抑制:これらの薬剤は臓器移植後にも投与されるが、免疫応答性リンパ球(特にT細胞)に作用し、IL2の産生を阻害し、リンフォカイン産生やインターロイキン放出を抑制する。

この中から現実的な治療法としては、
【療法1】(2)+(6)
【療法2】(2)+(3)+(6)
【療法3】(2)+(3)+(6)+(7)
【療法4】(3)+(5)+(6)
【療法5】(4)

(5)と(2)の併用は難しいと思います。血圧が下がりすぎるかも。
(1)は血清の供給量が少なすぎて、緊急時に対応できませんね。
(4)はすぐに作りやすいです。T細胞を捕捉する抗体は世の中に山ほどあるので、それらをマイクロファイバーに化学結合させ、そこに血液を流せば可能です。

(7)は、T細胞系だけ不活化できれば良いのですが、抗体産生系のB細胞にも影響してしまうでしょうか?それだと使いにくく、(1)の回復者血清グロブリンと共に使わないといけません。

【注意】本記事は治療効果を保証するものではないとともに、本記事を基礎とする治療の結果に対しては一切の責任を負いません。医師と相談し、自己判断での実施をお願いいたします。


N.Yamakawa, Ph.D.

Copyright Reserved 2019-2020

New coronavirus treatment method (approach)

Targeting cytokine storm

We urgently propose the possibility of the following treatments against the coronavirus infection particularly for protecting exacerbation of pneumonia. 
The mechanism of action is detailed on another blog. 
With the exception of some of the treatments, treatments have been designed to use existing medicines.

[Treatment method (draft)]
1) Administration of ACE inhibitor or angiotensin II receptor antagonist (ARB)
2) Chloroquine administration (Inhibition of liposome enzyme activity by increasing pH in vesicles)
3) Atrial natriuretic peptide (recombinant ANP: carperitide) . CAUTION: ANP has antihypertensive effect.
4) Tetracycline and new quinolone antibacterial agent (Antibacterial agent with metal chelating effect: Calcium-dependent perforin activity suppression is also in view)

I think it is difficult to use  (1) and (3) simultaneously. The blood pressure may down too low.
[Note] This article does not guarantee the effectiveness for treatments and does not assume any responsibility for the results of the treatments based on this article. 
Please consult with your doctor and carry out your decision.
N.Yamakawa, Ph.D.

Copyright Reserved 2019-2020

【新型コロナウイルス治療法 提言#2】 サイトカイン・ストームをターゲットに

【新型コロナウイルス治療法#2(案)】サイトカイン ストームをターゲットに

先日の投稿を基礎に、現時点での新型コロナウイルス感染による重症肺炎予防法について、提言を下記の通り更新します。


【治療方法(案)】
第1選択群
○ACE阻害剤又はアンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)の投与
○クロロキン投与(リポソーム酵素活性阻害 小胞内pHをあげる)
○テトラサイクリン、ニューキノロン系抗菌剤 (金属キレート効果がある抗菌剤:カルシウム依存性パーフォリン活性抑制も視野に)

上記3種類の合剤で投与j可能と思われます。

第2選択
○心房性ナトリウム利尿ペプチド(遺伝子組換えANP:カルペリチド)降圧効果有るのでACE阻害剤との併用は注意

上記を組み合わせることにより、メカニズム的にはウイルス侵入と、サイトカインインストームの抑制が可能が考えられます。先日、クロロキンについては中国から有効性の治験データが出たところです。

感染した場合は、保険適用になりませんので、自費による治療を医療機関に依頼することで、実施が可能となります。
緊急事態につきエビデンスは取れておりませんが、投与自体のリスクは高くないため、くれぐれも重症になる前に医師に相談されることが推奨されます。重症化したあとはリスク回避のため、エビデンスのない治療法は医療機関では行えません。

本記事は治療効果を保証するものではないとともに、本記事を基礎とする治療の結果に対しては一切の責任を負いません。医師と相談し、自己判断での実施をお願いいたします。

N.Yamakawa, Ph.D.

Copyright Reserved  Cell Diagnostics, LLC. 2019-2020

【緊急提言】新型コロナウイルスによるサイトカイン・ストームによると思われる肺炎の治療及び予防法について


【新型コロナウイルス治療法(案)】サイトカイン ストームをターゲットに

他のブログで詳細の作用機序について記しましたが、下記の治療法を緊急提案しました。学術論文ではないので、医療関係者が人命救助の緊急の場面で考えていただければと思います。作用機序他のブログに詳細を記しています。ここでは省略します。
緊急時につき、エビデンスはありません。全てメカニズムに鑑みた各経路のブロックを考えています。

本治療法は一部を除いて、既存の医薬品を利用して治療できるように組みました。エビデンスがないですが、検証する時間もない緊急事態ですのでご容赦ください。

【治療方法(案)】

1)抗コロナウイルス抗体保持者血清(IgG画分)+ステロイド投与(今は困難)
2)ACE阻害剤又はアンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)の投与
3)クロロキン投与(リポソーム酵素活性阻害 小胞内pHをあげる)
4)血中T細胞の選択的除去(抗T細胞抗体担持吸着フィルターなど)
5)心房性ナトリウム利尿ペプチド(遺伝子組換えANP:カルペリチド)降圧効果有り
6)テトラサイクリン、ニューキノロン系抗菌剤 (金属キレート効果がある抗菌剤:カルシウム依存性パーフォリン活性抑制も視野に)
7)シクロスポリン、タクロリムスによる活性化T細胞の抑制:これらの薬剤は臓器移植後にも投与されるが、免疫応答性リンパ球(特にT細胞)に作用し、IL2の産生を阻害し、リンフォカイン産生やインターロイキン放出を抑制する。

この中から現実的な治療法としては、
【療法1】(2)+(6)
【療法2】(2)+(3)+(6)
【療法3】(2)+(3)+(6)+(7)
【療法4】(3)+(5)+(6)
【療法5】(4)

(5)と(2)の併用は難しいと思います。血圧が下がりすぎるかも。
(1)は血清の供給量が少なすぎて、緊急時に対応できませんね。
(4)はすぐに作りやすいです。T細胞を捕捉する抗体は世の中に山ほどあるので、それらをマイクロファイバーに化学結合させ、そこに血液を流せば可能です。

(7)は、T細胞系だけ不活化できれば良いのですが、抗体産生系のB細胞にも影響してしまうでしょうか?それだと使いにくく、(1)の回復者血清グロブリンと共に使わないといけません。


【注意】本記事は治療効果を保証するものではないとともに、本記事を基礎とする治療の結果に対しては一切の責任を負いません。医師と相談し、自己判断での実施をお願いいたします。


N.Yamakawa, Ph.D.

Copyright Reserved 2019-2020

赤外線サーモグラフィー、真空凍結乾燥機、野菜・果物乾燥機等、理科学器材の総合商社 セル・ダイアグノスティックス合同会社(Cell Diagnostics) 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

会員登録バナー
セル・ダイアグノスティックス, LLC. コーポレートサイト

★メルマガ配信中★
メルマガでは「アンチエイジング」や「サプリメント」に対する正しい理解を深めるため,弊社技術顧問の先生方が執筆する「お役立ち情報」を配信しております。商品のPRは控えめです(笑)。正しい情報のもと,「アンチエイジング対策」を行いましょう。
執筆者:薬剤師,医師,歯科医師,分子生物学者の先生方数名。

変更・解除・お知らせはこちら

【会社概要】

【会社名】セルダイアグノスティックス合同会社

【所在地】〒350-0065 埼玉県川越市仲町6-3

【取扱商品】次亜塩素酸水噴霧用 オールステンレス超音波加湿器服薬アドヒアランス評価システム、食品乾燥機、真空凍結乾燥機、水耕栽培液体肥料、水耕栽培キット、アミノ酸サプリメント(GNLab社)

【連絡先】e-メール:celldiag@dream.jp

服薬アドヒアランス Cell Diagnostics, LLC. 【PR】

店長日記

皆様、こんにちは。
この度は弊社通販サイトにお越し頂きまして、誠にありがとうございます。弊社では食品乾燥機や真空凍結乾燥機を始め、アミノ酸サプリやその他真空ポンプ関連商品及び水耕栽培関連商品などを販売させて頂いております。
ご不明な点などがございましたら、メールにてお問い合わせをお願い申し上げます。
今後共,何卒宜しくお願い申し上げます。
店長日記はこちら >>

個人情報取り扱いについて

個人情報保護の重要性を認識し、適切に利用し、保護することが社会的責任であると考え、個人情報の保護に努めることをお約束いたします。

--------------------------------------------------------------------------


(個人情報の定義)

個人情報とは、個人に関する情報であり、氏名、生年月日、性別、電話番号、電子メールアドレス、職業、勤務先等、特定の個人を識別し得る情報をいいます。


(個人情報の収集・利用)

当社は、以下の目的のため、その範囲内においてのみ、個人情報を収集・利用いたします。

当社による個人情報の収集・利用は、お客様の自発的な提供によるものであり、お客様が個人情報を提供された場合は、当社が本方針に則って個人情報を利用することをお客様が許諾したものとします。

・ご注文された当社の商品をお届けするうえで必要な業務

・新商品の案内など、お客様に有益かつ必要と思われる情報の提供

・業務遂行上で必要となる当社からの問い合わせ、確認、およびサービス向上のための意見収集

・各種のお問い合わせ対応


(個人情報の第三者提供)

当社は、法令に基づく場合等正当な理由によらない限り、事前に本人の同意を得ることなく、個人情報を第三者に開示・提供することはありません。


(委託先の監督)

当店は、お客様へ商品やサービスを提供する等の業務遂行上、個人情報の一部を外部の委託先へ提供する場合があります。その場合、業務委託先が適切に個人情報を取り扱うように管理いたします。


(個人情報の管理)

当社は、個人情報の漏洩、滅失、毀損等を防止するために、個人情報保護管理責任者を設置し、十分な安全保護に努め、また、個人情報を正確に、また最新なものに保つよう、お預かりした個人情報の適切な管理を行います。


(情報内容の照会、修正または削除)

当社は、お客様が当社にご提供いただいた個人情報の照会、修正または削除を希望される場合は、ご本人であることを確認させていただいたうえで、合理的な範囲ですみやかに対応させていただきます。


(セキュリティーについて)

SSL暗号通信によりお客様のウェブブラウザとサーバ間の通信がすべて暗号化されるので、お買い物カゴでご記入された内容は安全に送信されます。


 

ページトップへ