カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

チノー/FLIR 携帯用小型熱画像カメラ CPA-E40ABX 【赤外線サーモグラフィー/サーモカメラ】

CPA-E BXシリーズは、320x240ピクセルの高画質な液晶画面を搭載した携帯用の赤外線サーモグラフィー/サーモカメラです。CPA-EシリーズのうちBXタイプは、建物診断に適した仕様になっております。
・最大2倍ズーム(CPA-E50、-E60は4倍)搭載。
・画像と画像注釈(的室)保存可能。
・レーザーポインター付き。
・温度レンジ1: -20℃〜120℃
・フレームタイム:60Hz
・フォーカス:手動
・ピクチャー・イン・ピクチャー機能
見積もり請求ボタン

チノー/FLIR 携帯用小型熱画像カメラ CPA-E40ABX 【赤外線サーモグラフィー/サーモカメラ】

メーカー:チノー/FLIR
型番:CPA-E40BX
価格:

626,400円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちらをご覧下さい。
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

■ 商品説明

CPA-E BXシリーズは、320x240ピクセルの高画質な液晶画面を搭載した携帯用の赤外線サーモグラフィー/サーモカメラです。CPA-EシリーズのうちBXタイプは、建物診断に適した仕様になっています。 ・最大2倍ズーム(CPA-E50、CPA-E60は4倍)搭載。 ・画像と画像注釈(的室)保存可能。 ・レーザーポインター付き。 ・温度レンジ1: -20℃〜120℃ ・フレームタイム:60Hz ・フォーカス:手動 ・ピクチャー・イン・ピクチャー機能

■ 商品仕様

製品名チノー/FLIR 携帯用小型熱画像カメラ CPA-E40BX
型番CPA-E40BX
メーカーチノー/FLIR

見積もり請求ボタン

チノー/FLIR 携帯用小型熱画像カメラ CPA-E40 【赤外線サーモグラフィー/サーモカメラ】
チノー/FLIR 赤外線サーモグラフィー/サーモカメラ CPA-Eシリーズ

チノー/FLIR 赤外線サーモグラフィー/サーモカメラ CPA-Eシリーズ

チノー/FLIRをお持ち 赤外線サーモグラフィー/サーモカメラ CPA-E BXシリーズ


【赤外線サーモグラフィーの原理と応用例 Q&A】

<赤外線サーモグラフィーとは>
赤外線サーモグラフィーは,測定対象物から放射される赤外線を検出し,そのエネルギー強度に応じて擬似カラーで,リアルタイムに画像表示させるシステムであり,対象物に接触することなく温度を測定する事が出来ます。
赤外線サーモグラフィーは非接触型の温度測定装置であるため,隔離された場所にある対象物や,比較的大きな対象物全体の温度分布を一度に測定する事ができます。近年では風邪が流行する時期に,公共施設や学校などでの利用も増加しています。
赤外線は,物質が絶対0℃でなければ,いかなる物質からも放射されているため,赤外線サーモグラフィーでは,原理的には超低温から高温までの温度測定が可能です。

<赤外線サーモグラフィーと応用>
赤外線サーモグラフィーは前述の測定対象物の表面温度分布測定や,ビルなどの外壁の温度分布の測定にも利用され,外壁の老朽化を非破壊的に検査する方法として一般化しています。また、夜間の人物の可視化にも使われてります。
【赤外線サーモグラフィーの応用例 Q&A】
<赤外線サーモグラフィーの別称>
赤外線サーモグラフィ,サーモカメラ,サーモグラフィー,サーモビジョン,熱画像カメラ

<赤外線サーモグラフィーの応用例>
・レーシングカー・エンジン,タイヤ温度測定。
・コンクリート壁の壁浮き検査(非破壊検査)。
・夜間の有害動物の行動分析。
・加熱配線野検出。
・競泳選手の筋肉利用状況のマッピング。
・競技用オーダーメード靴の内部摩擦箇所検知。温度分布測定。
・夏期、野外イベント会場での輻射熱測定。 ・配電盤等における過熱回路の検知。 ・珈琲豆焙煎時における実質的な珈琲豆表面温度の測定。 ・半身不随患者の体表面温度分布測定とカスタム衣服デザイン。 ・エコ環境構築の為の、包括的室内熱源調査。 ・は虫類体温と行動の相関性研究。 ・雲の温度測定。 ・火山火口の温度測定。 ※上記の例は赤外線サーモグラフィー(サーモカメラ)の応用例の一部です。

★赤外線サーモグラフィー・カメラ(サーモカメラ)なら e-ショップ ブルーラグーン★

<参考:CHINO製サーモグラフィーの動画録画について>
”動画記録が可能なCHINO製(チノー製)サーモグラフィーの機種はCPA-0306と Tシリーズ”

CPA-0306,またはCPA-Tシリーズでは,サーモグラフィー本体を外部パソコンに接続する事によって,パソコンのハードディスク上に動画の記録が可能です。

◎CPA-306 (チノー 携帯型熱画像カメラ) サーモグラフィー本体をUSB経由でパソコンに接続すれば,専用ソフトウエア(24万円)上で1Hz程度のコマ速度で熱画像観察と録画が可能。
◎CPA-T シリーズ (チノー CPA-T200,T250, T400A)では,パソコンとの接続に高速転送が可能なIEEEを使用し,2〜5Hzのコマ速度で上記同様,ソフトウエア上で2〜5Hzの熱動画観察と録画が可能です。

両機種とも,本体内のメモリーには直接の録画はできません。

熱画像カメラ (赤外線サーモグラフィー) CPA-0304 定価  660.000円 (税別) (動画記録機能なし)
CPA-0306 定価  1,100,000円 (税別)
CPA-T200 定価  1,390,000円 (税別)
CPA-T250 定価  1,650,000円 (税別)
CPA-T400A 定価 2,200.000円 (税別)
詳細はメーカーホームページでご確認下さい。
メールかFAXでお見積もりをご請求下さい。法人様のお支払い方法につきましてもお問い合わせ下さい。
Cell Diagnostics Seamless Innovation

CHINO サーモカメラ CPA-0304-0305-0306


CPA-150J-2

Key Word:赤外線,サーモグラフィ,サーモグラフィー,熱画像カメラ, サーモビューア,
お見積もりご請求ボタン

【赤外線サーモグラフィーの応用例 Q&A】

ページトップへ