カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

真空凍結乾燥機の用途実績

真空凍結乾燥機の用途


真空凍結乾燥法(フリーズドライ法)は、下記の用途に使用されています。

・化粧品:バイオアクティブ・コラーゲンの製造

・化粧品:整理活性を維持したEGF(epidermal growth factor:上皮成長因子)の凍結乾燥。凍結乾燥法以外の乾燥では活性を消失する。化粧品に含まれるEGFの殆どは生物活性が検出されません。高度な真空凍結乾燥手法が求めらます。

・化粧品:プラセンタエキスの濃縮乾燥

・食品:香り豊かなみそ汁の製造

・食品:ハーブ乾燥。温風乾燥や日干しなどでは壊れてしまう香りや味、色をそのまま再現します。

・食品:辛みを残したタマネギや大根おろしの乾燥粉末

・食品:即席麺の具材の製造(卵、ネギ、エビ)

・食品:コーヒー、紅茶の長期保管(真空中保管)の前処理(完全乾燥)

・工業:燃料電池部材の薄膜製造

・医薬:抗体医薬品の乾燥、その他注射剤の乾燥

・医薬:乾燥皮膚の製造

・生活:ドライフラワーの製造、ブーケの永久保存

・資料:古文書や歴史資料の乾燥安定保管(真空中保管時の前処理低温乾燥)

・資料:災害等で水にぬれてしまった資料、写真の復元。

・資料:珍魚の完全乾燥保管

・原子生物の卵などをそのまま長期保管

まだまだ書ききれない程の応用事例があります。

真空凍結乾燥機(フリーズドライヤー)カテゴリーTOPへ戻る

ページトップへ