カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

Cell Diagnostics  アキュマックスA マイクロピペット/ラージサイズ (Accumax A) 【オートクレーブ滅菌可】

アキュマックスA(AccumaxA) マイクロピペットはUV(紫外線)耐性。クリーンベンチや安全キャビネット内常備間マイクロピペットとして、安心して使用できます。また、フルオートクレーブ対応なので、分解せずにそのままで高圧蒸気滅菌が行えます。交換部品も揃っています。

Cell Diagnostics  アキュマックスA マイクロピペット/ラージサイズ (Accumax A) 【オートクレーブ滅菌可】

メーカー:アキュマックス
型番:YAV
価格:

10,500円 (税込)

[ポイント還元 105ポイント〜]
ご希望のサイズをお選び下さい。:
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちらをご覧下さい。
この商品について問い合わせる
携帯ページ

■ 商品説明

アキュマックスA(AccumaxA) マイクロピペットはUV(紫外線)耐性。クリーンベンチや安全キャビネット内常備間マイクロピペットとして、安心して使用できます。また、フルオートクレーブ対応なので、分解せずにそのままで高圧蒸気滅菌が行えます。交換部品も揃っています。

■ 商品仕様

製品名アキュマックスA マイクロピペット/ラージサイズ (Accumax A) 【オートクレーブ滅菌可】
型番YAV
メーカーアキュマックス

【マイクロピペットのオートクレーブ滅菌について】
特定のメーカーに限らず、一般的には121℃、20分の高圧蒸気滅菌(オートクレーブ)では少なからず、樹脂の劣化が起きます。これは、ごく微量ですが、水蒸気が樹脂にしみこみ、樹脂の可塑剤を流出させたり。樹脂の分子結合を変性させることによります。これにより、樹脂は白濁を帯びたり、粉をふいたような状態になることがあります。したがって、ピペットを毎日のようにオートクレーブにかけることは好ましないと弊社は考えます。特定のメーカーのピペットに限らず、【オートクレーブ滅菌可能】の表記がある樹脂製品であっても、できるだけ滅菌回数を少なくすることが長寿命につながります。 一般的な無菌操作では、フィルターが付いた滅菌チップがよく使われています。クリーンな環境にピペットを入れる場合、消毒用アルコールでピペット本体をきれいに拭いてから使用します。この状態でピペットは完全に滅菌されていませんが、仮にピペット本体の内部からバクテリアが噴出されても、チップ内のきめの細かいフィルターで捕捉されるため、ピペットで吸い込む液体へのバクテリアの汚染は起きません。フィルターチップ製品のほとんどは滅菌済みでラック入りの為、高価ですが、非滅菌のチップを毎回ラックに詰めてオートクレーブしたり、ピペットを毎日滅菌してピペット寿命を縮めるよりも、トータルコストは低いのかもしれません。またピペットは内部にグリースが塗ってあるため、オートクレーブを行たびに、このグリースは熱で一部が流出します。したがって、毎回、グリースを補充する事が求められます。

 勿論、ご自分で、チップに脱脂綿を詰め、これをオートクレーブして使用しても無菌操作は可能です。しかしこの場合、脱脂綿の繊維が原因で、チップとピペットとの装着が不完全となり、エアー漏れが起きる可能性がありますので、十分ご注意下さい。 「オートクレーブ可能」とは、たまに滅菌する事は問題ない、という意味でとらえた方が良いのではないかと弊社は考えます。 細菌のピペットには専用グリースが付いてきますので、これを使用してください。
 どうしても、毎回オートクレーブしたい場合にhあ、ピペット本体をすべて滅菌せず、ピペット先端のパーツのみを滅菌する方が良いでしょう。しかし、ピペット内部の棒状のピストン(プランジャー)は、ピペット本体に固定されていて、これを外すことはできません。このプランジャーを滅菌するためには、これを消毒用アルコールで拭く事が求められますが、これによってグリースが取れるため、グリース補充しなくてはなりません。なんか厄介なことになってきます。

【メーカー多意図するオートクレーブ可能の意味とは?】
 これは弊社の勝手な考えですが、オートクレーブが必要な場面とは、毒性の強いバクテリアやウイルスを扱った実験や、遺伝子組換え実験を行った後、有害微生物が外界に出ないようにするためにオートクレーブを行うことを想定しているのではないかと考えます。細胞培養や、微生物混入試験を行う場合の無菌操作には、清潔なピペットを用いることが求められますが、このような場合には、ピペットを毎回滅菌するよりも、滅菌されたフィルター付きチップを使うことが一般的な理解だと考えます。
 ピペットを正しく使って、5年以上は使いたいものです。
文責:セル・ダイアグノスティックス合同会社

accumax-parts1.jpg
アキュマックスの先端部分を分解した様子
accumax-parts2.jpg
専用グリース

★代理店様への卸販売も行っておりますので,お気軽にお問い合わせ下さい。ご連絡は,サイト内のお問い合わせフォーム又はFAXにてお願い致します。

☆バイオ関連事業☆

・MFMT法によるゲノムワイドなDNA受託解析
・凍結乾燥機販売
・赤外線サーモグラフィー(熱画像カメラ)販売
・アキュマックス・ピペット
・トップページ

ページトップへ